AMEX GREEN

新社会人・新卒1年目でもアメックスグリーンは作れる!実体験をすべて公開

当サイトは【もっと若い人の手にもアメリカン・エキスプレスを】モットーにアメックスの最新情報や体験談を発信しています。

新社会人になり「もっとステータスのあるカードを作りたい」と考えていませんか?

結論から言うと、新入社員でもステータスのあるカードを作りたいならアメックスグリーンがおすすめです。

しかし、気になるのが審査基準や年会費。中には「会社の先輩より良いクレジットカードを作ることに気が引ける」とお考えの方もいるはずです。

こちらの記事では、そんなお悩みを解決します。

当ブログの管理人は新卒1年目の6月にアメックスグリーンを発行しました。実際に新卒でアメックスグリーンを発行して分かった審査基準や体験談についてまとめていきます。

プラチナ・カード

アメックスプラチナ

最高峰のステータスカード。手にするだけで、高級ホテルの上級会員になれ、専属のコンシェルジュまで完備。まさに至れり尽せりのカード。チタン素材でラグジュアリーな券面が、圧倒的な品格を放つ。違いのわかる大人のための、この上ない贅沢。14万円超の高額な年会費が気になる方にはおすすめしません。


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

ワンランク上のステータスカード。バブル期からの最強人気はいまだ衰えを知らず、記念日やデートにはレストランの半額特典を利用したい。KING OF GOLDの名に恥じない色っぽい券面は、お会計でも力を発揮する。一味違うサービスを受けたい方だけが手にすべきクレジットカード。


アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスグリーン

王道のステータスカード。初めてアメックスを持つ方におすすめできる入門カードだが、コストパフォーマンスの良さは一級品。無料で使える空港ラウンジでは、旅の疲れを癒すことができる。スタイリッシュな券面から、爽やかな印象を持たせるが、世界の大富豪にも愛用者が多いことを忘れてはいけない。

アメックスグリーンの特徴

カード券面の色から「アメックスグリーン」と呼ばれるアメリカン・エキスプレスのプロパーカード。世界の大富豪も愛用しており「世界共通のステータスカード」と認知度の高いクレジットカードです。

アメックスグリーン

項目 内容
年会費 13,200円(税込)
還元率 0.3~1.0%
貯まるポイント 100円につき1ポイント
ポイントの価値 1ポイント=0.3~1.0円
ポイントの交換先 ・ANAマイル
・JALマイル
・その他提携マイル
・楽天ポイント
・Tポイント
・提携ホテルポイント
・Amazonギフト券
・スターバックス
・iTunes
・全国百貨店共通商品券
・買い物代金への充当
ポイント有効期限 最大3年間(1度でもポイント交換すれば無期限に)
カード種別 一般カード
付帯特典 ・国内28空港、海外1空港ラウンジを無料利用(同伴者1名も可)
・プライオリティ・パスに年会費無料で登録可能
・空港〜自宅間の手荷物無料宅配サービス
・大型手荷物宅配優待特典
・エアポート送迎サービス
・空港パーキング利用・割引
・無料ポーターサービス
・空港クロークサービス
・HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
・海外用携帯電話のレンタル優待
・オンライン・プロテクション
・リターン・プロテクション
・海外旅行先での日本語対応サービス
・タッチ決済
付帯保険 ・海外旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
・国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
・ショッピング保険:年間最高500万円まで
電子マネー QUICPay
スマホ決済 Apple Pay
利用限度額 個別に設定
国際ブランド American Express
家族カード 6,600円(税込)
ETCカード ・年会費無料
・新規発行手数料:1枚につき935円(税込)
申し込み資格 ・満20歳以上
・日本国内に定住所がある方
おすすめ度 ★★★★★ 5.0

アメックスグリーンは、基本カードでありながら年会費13,200円とやや高額。しかし、他社のゴールドカードと比較しても劣らないほど特典やサービスが充実しています。年会費がかかるという点が、アメックスの高級感を増し、ランクの高いカードを認識させます。

そんなアメックスですが、海外では特にステータスカードとして有名です。アメリカでは、アメックスのカードを持つことがその人の信用を表すIDの代わりとなります。

長く利用し、クレヒスを積み上げることでカードのグレードアップ(インビテーション)が届くかもしれません。なので、アメックスグリーンは新入社員のうちから作ることには大きな意味があります。

クレヒスとは?

クレジットヒストリーのこと。クレジットカードやローンの利用履歴のことで、カード入会や更新時の信用情報となる。

>>アメックスグリーンの公式HPを見る

アメックスグリーンの審査基準

アメックスは20歳以上の方であれば、申し込みが可能。

以下、アメックス公式HPに記載されている申込み条件です。

  • 年齢が満20歳以上
  • 日本国内に住所がある
  • 日本国内で安定した収入がある

上記の条件から、日本で働く正社員や公務員の方は安心して審査に通ることが分かります。しかし、ネットの情報では、アルバイトや主婦さんでも審査を通過したという声がありました。

新社会人・新卒1年目でもアメックスグリーンの審査には通る

ちなみに、管理人は新卒入社した6月にアメックスグリーンを作ったわけですが、以下の条件で申し込みました。

  • 年齢23歳
  • 会社員
  • 年収300万(少し多めに記入)
  • 過去にアメックスカードの利用はなし
  • 他社クレジットカード2枚所持
  • 実家が両親の持ち家

新入社員としては一般的なデータです。あくまで予想に過ぎませんが、審査で特に重視されている点は正社員か否かというところだと考えます。

年収250~300万円の新入社員でも「正社員」であれば、アメックスグリーンの審査に通過するチャンスは大いにあります。

アメックス審査の注意点

新入社員でも、アメックスの審査通過は可能です。しかし、過去に支払いの延滞があった場合、その点が審査のマイナスポイントとなります。支払い延滞の例は以下の通りです。

  • 他社クレジットカードの支払い延滞
  • 家賃滞納
  • 携帯電話料金の延滞

上記のような延滞を重ねた場合は、審査を通過しない可能性もあるので今のうちから注意しておきましょう。

新社会人・新卒からアメックスグリーンを持つメリット

新入社員のうちからアメックスグリーンを持つメリットは3つあります。

  1. カードステータスが高く、仕事への意識が高まる
  2. 飲み会やデートで女性ウケが良い
  3. クレヒスが作れる

それぞれを詳しく解説していきます。

カードステータスが高く、仕事への意識が高まる

期待と不安に膨らむ新社会人。誰もが「頑張ろう!」と思い仕事に励むはずです。

アメックスグリーンは、そのような仕事を頑張る動機として最適です。

上記でもふれたように、アメリカン・エキスプレスはステータスカードとして世界中で認められるクレジットカードです。資産兆超えの世界的大富豪の方達もアメックスグリーンを愛用するくらいです。

ビル・ゲイツ「マイクロソフト」

ウォーレン・バフェット「投資家」

孫正義「ソフトバンク」

大富豪が持っても苦にならないサービスがアメックスグリーンにはあるということです。アメックスグリーンを持って「大富豪になろう!」とまでは言いませんが、はやくアメックスの身の丈に合うような社会人になろうとは思うはずです。

アメックスは旅行・空港サービスが充実しているので、仕事を頑張って出張をする機会が増えれば、よりアメックスカードを使いこなせる社会人になれます。

アメックスグリーンを保有する有名人の情報については、以下の記事で解説しています。

アメックスグリーンを保有する有名人3選。なぜ大富豪はアメックスを選ぶのか?

飲み会やデートで女性ウケが良い

この点は男性に限った話ですが、アメックスグリーンを新入社員のうちから持つことで女性にモテます。管理人も何度かそのような体験をしましたが、アメックスグリーンを男性が持つことで「スマートな社会人」と女性からは見えるようです。

  • アメックスの券面がカッコいい
  • キャッシュレスを使いこなしている
  • こだわりを持った男性という印象を与える
  • シンプルに「稼いでそう」と思われる

上記の要因が、アメックスを持つことで女性にモテる理由となります。

クレジットカードに全く興味のない女性でも「アメックス=ステータスカード」と知っているくらいなので、アメックスの認知度の高さが分かります。

ただ、アメックスカードを持っているというだけで近づいてくる女性に対しては、少し距離をとった方がいいかもしれません。

管理人の実体験は以下の記事でまとめています。

アメックスグリーンはモテる?3つの体験談と調査から分かったこと

クレヒスが作れる【ブラックカードへの道】

クレヒスとは、クレジットヒストリーのこと。

クレジットカードやローンの利用履歴のことで、カード入会や更新時の信用情報となります。アメックスは、このクレヒスを重要視しており、支払いに遅延なく良好なクレヒスを積み上げることでカードグレードアップのインビテーションが届きます。

現在、アメックスグリーン・ゴールド・プラチナの3種類は新規入会の申し込みが可能ですが、ブラックカードに関してはインビテーションがなければ発行することができません。

少しでもアメックスのブラックカードに興味がある新入社員の方は、いまのうちからアメックスを利用してブラックカードを目指すのもアリです。

>>アメックスグリーンの公式HPを見る

新社会人がアメックスグリーンを持つデメリット

新社会人がアメックスグリーンを持つことで考えられるデメリットとしては2つあります。

  1. 会社の先輩の前でカードを出しづらい
  2. 年会費がかかる

それぞれを詳しく解説します。

会社の先輩の前でカードを出しづらい

この点に関しは、管理人も経験があります。せっかく作ったアメックスカード。どうせならコンビニや飲食店なんかで支払いをする際には必ず使いたいですよね。

しかし、問題が会社の先輩の前ではアメックス出しづらいということです。その理由として考えられることは以下の通りです。世界的認知度があるステータスカードという点が裏目に出ます。

  • 会社の先輩は年会費無料のカードを使っている
  • 新入社員なのに調子に乗っていると思われるのが嫌だ

当時、管理人もこのような悩みを感じていました。会社でも一番下の新入社員という立場であるからこそ、先輩からは嫌われたくはありません。

しかし、結論から言うと上記のような悩みは不毛でした。管理人の実体験をお話します。

 

「そのカードかっこいいね」で話は終わった

新入社員なのに調子に乗っていると思われるのが嫌で、会社の先輩の前ではアメックスカードを極力出さないようにしていました。

しかし、ある日お会計の際に財布に現金がないことに気づきます。クレジットカードもアメックスしか手持ちがなかったので、先輩の前でもアメックスを出さなければならない瞬間が訪れました。

なにか小言を聞かされるのを承知の上で、アメックスカードをお会計時に出します。

すると、先輩からは「そのカードかっこいいね」の一言だけ。「調子に乗っている」や変な小言はなにもなく終了。会社の先輩は、新入社員がアメックスカードを持っていても何も感じていないということが分かりました。

その後も、他の先輩の前でアメックスカードを出しても「それって年会費かかるんでしょ?」や「いいカード持ってるね」などの反応ばかり。なので、先輩の前でアメックスを出しづらいという悩みは不毛でした。

新入社員がアメックスグリーンを持つことは、こだわりのある人という印象を先輩にも与え、逆に好印象でした。

年会費がかかる

新入社員がアメックスグリーンを持つことのデメリット2つ目が年会費がかかるということです。

アメックスグリーンは年会費が13,200円(税込)かかります。月で換算すると、1ヶ月1,100円です。

アメックスには様々な付帯サービスがあります。その点まで加味すると、管理人はあまりアメックスグリーンの年会費を高いとは思いませんでした。月1,100円で仕事のモチベーションも上がり、女性ウケするなら安いもんだと感じたくらいです。

付帯サービスについては下記でまとめます。

年会費に関してですが、各種キャンペーンで初年度無料になる期間も存在します。

さらに、一定の条件をクリアすることでポイント付与もされます。お得にアメックスグリーンを発行したいなら、公式サイトをチェックし、キャンペーンのタイミングを逃さないようにしましょう。

>>アメックスグリーンの公式HPを見る

アメックスグリーンは付帯サービスが充実している

アメックスグリーンのメインとなる付帯サービスは以下の通りです。

  • カード会員専用旅行予約サイト
  • 空港ラウンジ
  • プライオリティ・パス
  • 旅行傷害保険
  • ショッピング・プロテクション
  • オンライン・プロテクション

それぞれを詳しく解説します。

カード会員専用旅行予約サイト

アメックスグリーンを発行するとカード会員専用の旅行予約サイト【アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン】というサイトが利用できるようになります。

国内外のホテルや航空券、レンタカーのオンライン予約が可能なサイトで、幅広い選択肢の中から旅の組み合わせができます。

カード会員限定の各種優待特典もあり、ホテル・レンタカー・国内航空券の利用は、100円につき2ポイント貯まるのが特徴です。
※通常は1ポイント

空港ラウンジ

アメックスは旅の疲れを癒してくれます。

当日利用の搭乗券とアメックスグリーンを提示すると、空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用できます。

対象の空港ラウンジ

【北海道・東北】

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台国際空港

【関東】

  • 羽田空港第1ターミナル
  • 羽田空港第2ターミナル
  • 羽田空港第3ターミナル
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル

【中部・北陸】

  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港

【近畿】

  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港

【中国・四国】

  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港

【九州・沖縄】

  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

【海外】

  • ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧:ホノルル空港)

当日の搭乗券は、本人名義のもので、同伴者も搭乗券の提示が必要です。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスとは、空港でのフライトの待ち時間の間、ゆっくりくつろぎながら軽食やドリンクが楽しめるサービスのことです。国内・海外旅行をより快適に過ごすことができます。

プライオリティ・パスには4つの特徴があります。

  1. 世界中の空港ラウンジを利用できる
  2. 軽食やドリンクを楽しめる
  3. 無料Wi-Fiや電源が利用できる
  4. 同伴者も利用できる

提供するサービス内容はラウンジより異なりますが、プライオリティ・パスを利用するには最低でも99米ドルの年会費が必要です。

しかし、アメックスグリーンを持っていればそんなプライオリティ・パスを年会費無料で登録できます。

国内外1,200ヶ所以上の専用空港ラウンジを1回32米ドルで、同伴者と共に利用できます。

恋人や友人と海外旅行をする際には「非日常」を体験できる嬉しいサービスです。

※プライオリティ・パスの利用には事前に「プライオリティ・パス・メンバーシップ」の登録が必要。専用WEBサイトより登録できます。

旅行傷害保険

航空券やパッケージ・ツアーなどの旅行代金をアメックスグリーンで支払うと、旅行傷害保険が自動的に付帯されます。

保険金は、アメックスグリーン場合、最高5,000万円です。

補償が受けられる具体例は以下の通りです。

国内旅行の場合

  • 航空機、電車、船に搭乗中の事故
  • 宿泊中の火災や爆発事故
  • 旅行中の事故や傷害

※アメックスカードで決済した場合のみ補償
※電子マネーへのチャージ、航空券の指定席料金・消費税分などは対象外

 

海外旅行の場合

  • 日本を出発してから住居に戻るまでに起きた事件や事故、傷害

※アメックスカードで決済した場合のみ補償

参照:RCP WP(Green)規定集

ショッピング・プロテクション

アメックスグリーンで買い物した商品は、壊れても心配いりません。

国内・海外を問わず、アメックスで買い物した商品のほとんどについて、破損・盗難などの損害を購入から90日間は補償してくれます。補償金額は1名年間500万円まで。

購入店舗での補償がある場合は、アメックスと2重補償のような形になるので、高額な商品を購入する際は安心ですね。

※規約あり

オンライン・プロテクション

「インターネットで商品を購入するのが不安...」「カード番号を入力するのが心配...」など、ネットで商品を購入するのに抵抗がある方には安心のサービスがオンライン・プロテクションです。

もしも、第三者によるインターネットでのカード不正使用があった場合、それが判明すれば原則カード利用代金は負担する必要はありません。アメックスは情報漏洩のリスクからあなたを守ってくれます。

アメックスのポイントはマイルにも交換可能

アメックスグリーンのポイントは100円=1ポイントで貯まります。

そのため、日常でよく利用するコンビニ・スーパー・ドラッグストア、毎月必ず支払う水道代や電気代、携帯電話料金などもアメックスで支払い、無駄なくポイントを貯めていきましょう。

※一部200円で1ポイントとなる加盟店あり

また、貯めたポイントは1度交換すると3年間の有効期限が無期限となります。

アメックスのポイント交換先として代表的なのがマイルへの交換ですので、お得にマイルへ交換する方法について解説します。

マイルへの交換レート

通常、アメックスのポイントをマイルへ交換すると1ポイント=0.3円の交換レートです。実質0.3円の還元率と考えていいでしょう。

また、マイルへの交換レートは航空会社により異なります。

ANAのマイルへ交換 1ポイント=0.5円

JALのマイルへ交換 1ポイント=0.3円

他の提携航空会社 1ポイント=0.3円

結果として、通常利用でポイントをマイルに交換する場合はANAが一番お得です。

※別途「メンバーシップ・リワード・ANAコース」への登録が必要。年会費5,500円

メンバーシップ・リワード・プラスでお得にマイルを交換

ポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すれば、お得にポイントをマイルへ移行できます。

メンバーシップ・リワード・プラスとは?

ポイントの有効期限が無期限になり、ポイント移行の交換レードがアップする有料サービス。

年会費3,300円(2年目以降自動更新)

通常利用でアメックスのポイントをANAマイルへ交換すると、1ポイント=0.3円の交換レートです。

しかし、メンバーシップ・リワード・プラスに加入している場合は、1ポイント=1円の交換レートが適用されます。

マイル以外への交換レートは?

アメックスのポイントを、マイル以外の提携先へ交換する場合は、以下のような交換レートとなります。

※メンバーシップ・リワード・プラス登録済みの場合

提携ホテルへのポイント移行
(ヒルトン・オーナーズ例)
1ポイント=1.25ヒルトン・オーナーズポイント
楽天ポイントへのポイント移行 1ポイント=0.5楽天ポイント
カード利用代金へ移行 1ポイント=0.5~1
旅行代金の支払いへ移行 1ポイント=0.8~1
店頭での支払いへ移行
(ヨドバシ・カメラ例)
1ポイント=0.5商品券
オンラインショッピングへ移行 1ポイント=0.5~1

上記の他にも、アイテムへ交換や商品券・Eクーポンなどへも交換可能です。

表を見る限りでは、提携ホテルへのポイント移行がお得だと分かります。世界中で利用されるアメックスは、やはり空港やホテルなどの旅行関係と相性が良いです。

新社会人がアメックスグリーンを持った感想

結論から言うと、管理人はアメックスグリーンを新入社員のうちから作ったことにとても満足しています。アメックスに見合う社会人になろうという気持ちになりましたし、キャッシュレスの知見も深まりました。

感想としてはざっくり5つあります。

  • QUICPayが使えるから便利
  • とにかく女性ウケが良かった
  • 券面がカッコいいので支払いのたびに自己肯定感UP
  • 年会費はそれほど高く感じない
  • 多彩な特典・サービスがある

女性ウケが良いのと、券面のカッコよさについては冒頭で解説しましたので割愛します。

QUICPayが使えるから便利

アメックスカードは、加盟店でQUICPayの利用ができます。これによりお会計のスピードが格段に上がったので満足しています。コンビニなどでは、100円のジュースのために財布をわざわざ出さなくて済むので便利です。

ただし、便利さが故に使い過ぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

年会費はそれほど高く感じなかった

アメックスグリーンは年会費が13,200円かかりますが、作った当初から今まで1度も高いと感じたことはありませんでした。

月で換算すると、1,100円。気持ち的にはNetflixやAmazonプライムの料金を支払っている感覚と変わりません。というか、NetflixやAmazonプライムなどのサブスクをどれか解約すれば、十分アメックスグリーンは持てます。

管理人の場合は、アメックスグリーンの券面がとてもカッコよくて好きなので、ファッションのサブスクとしてクレジットカードを持っている感覚もあります。

多彩な特典・サービスがある

この点は、ちょっと贅沢な悩みでもあります。

アメックスには多彩な特典やサービスがあるので、すべて使いこなすには日頃からアメックスのサービスを理解しておく必要があります。特に、ショッピング・プロテクションやオンライン・プロテクションは忘れがちです。

管理人は以前iPadを購入したのですが、購入後1週間で(不具合?)壊れました。しかし、この時アメックスのショッピング・プロテクションが頭になく、結局サービスを使うことなくiPadを処分しました。ショッピング・プロテクションの存在を思い出したのは、その数ヶ月後。

やはり、日頃からアメックスの特典やサービスを見返したりと情報収集をすることが大切だなと実感しました。

当ブログではそんなアメックスの情報について発信していきます。

>>アメックスグリーンの公式HPを見る

まとめ:アメックスグリーンは新社会人・新卒におすすめ

アメックスグリーンはこんな新入社員の方におすすめです。

  • 仕事への意識をもっと高めたい
  • スマートな社会人になりたい
  • キャッシュレスに興味がある
  • とにかく女性にモテたい
  • 旅行が趣味

入社前の内定済みの大学生でも発行は可能です。

年会費はかかりますが、今利用しているサブスクを1つ解約すれば十分資金は確保できます。アメックスで貯めたポイントは航空券やホテル料金に交換できるので、休日のOFFを満喫しましょう。

プラチナ・カード

アメックスプラチナ

最高峰のステータスカード。手にするだけで、高級ホテルの上級会員になれ、専属のコンシェルジュまで完備。まさに至れり尽せりのカード。チタン素材でラグジュアリーな券面が、圧倒的な品格を放つ。違いのわかる大人のための、この上ない贅沢。14万円超の高額な年会費が気になる方にはおすすめしません。


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

ワンランク上のステータスカード。バブル期からの最強人気はいまだ衰えを知らず、記念日やデートにはレストランの半額特典を利用したい。KING OF GOLDの名に恥じない色っぽい券面は、お会計でも力を発揮する。一味違うサービスを受けたい方だけが手にすべきクレジットカード。


アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスグリーン

王道のステータスカード。初めてアメックスを持つ方におすすめできる入門カードだが、コストパフォーマンスの良さは一級品。無料で使える空港ラウンジでは、旅の疲れを癒すことができる。スタイリッシュな券面から、爽やかな印象を持たせるが、世界の大富豪にも愛用者が多いことを忘れてはいけない。

-AMEX GREEN